MAINTENANCE CHECKUP

保守点検

消防用設備法定点検、防火設備定期検査、防火対象物定期検査を行います。その結果を地方自治体に報告いたします。お見積もりなどお気軽にご相談ください。

点検実施にあたって

防火対象物の関係者は…

《事前に》

●点検実施者と日時、手順などを打ち合わせします。

●建物内の人たちや利用する人たちに実施予定を知らせます。

 

《実施時に》

●点検に必要な器具や資格者免状を、点検実施者が所持しているかを確認します。

●必ず立ち会って適正な点検が行われているかを確認します。

 

《終了時に》

●消防用設備等が元の状態に復元され、点検済表示制度を活用している場合には、点検済証が貼付されているかを確認します。

●不良箇所があった場合は、すみやかに修繕します。

●点検結果は、維持台帳に綴じて保存(注)します。

(注)消防長又は消防署長が適当と認めた場合、1年を経過したもの(原則は3年)については点検票に代えて、点検結果総括表、点検者一覧表及び経過一覧表を保存するだけでよいこととなっています。

点検実施者は…

《事前に》

●点検する消防用設備等の概要を把握します。

 

《実施時に》

●建物利用者などへの危険防止対策を行います。

●点検基準及び点検要領に基づき点検を行います。

 

《終了時に》

●点検終了後、元の状態へ復元します。

●点検済表示制度を活用している場合、正常な設備には点検済証を貼付します。

●点検票を防火対象物の関係者に提出します。

 

《修繕・整備》

●消防用設備等に指摘箇所があった場合は、すみやかに修繕や整備をします。

●政令で定める消防用設備等の整備(軽微な整備は除く)は、消防設備士でなければできません。

当社は消防設備協会に加入済みです。

点検の様子

1/1

自動火災報知設備

  • 予備電源試験、感知器と受信機の作動試験、火災表示試験。

  • 地区音響装置(ベル)は規定の音圧で鳴動しているか。

  • 感知器は規定時間内に作動しているか。

など

主な警報設備1

1/2

主な避難設備1

誘導灯

  • 変形、損傷、著しい汚損等がないか。

  • 非常電源に切り替わるか。

  • 視認障害となる物が周囲にないか。

など

1/3

主な消火設備1

消火器

  • 全数の消火器が所定の場所に設置されているか。

  • 設置されている消火器に表示及び標識が設置されているか。

  • 定められた数の消火器について、機能・内部点検の実施。

など

COPYRIGHT (c) 有限会社メディア技研 ALL RIGHTS RESERVED